Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ハワイ島コナたいむ☆Kalakaと一緒にのんびり行こう!

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   Comment: --   

珍道中タイランド・最終編 



いやぁ~旅から戻って一ヶ月になろうと言うのに
まだ、タイランドの話  なんて仰らずに
とにかくお読みになってェ~ 

10月18日にハワイを飛び立ち7日目の今日はタイランドとお別れし
日本へと旅立つ日
が、そのフライトも午後11時と日中を有意義に過ごせる余裕

日本人がタイランドに来たらやっぱりここを訪れずには帰れないでしょ・・・

Death Railway
映画で有名な「戦場にかける橋
覚えてますか、あのミュージック・・・・
タランッ・タラッタララン・タッタラタラタラララ 

ツアーに参加して行って来ました 
バンコクから車で西へ約2~3時間
ビルマ(昔のミャンマー)との国境近くにカンチャナブリは位置する

まずは何故・どのように・誰が作ったのか・・・
など資料を展示している世界第二次世界大戦博物館を見学
詳しい内容は上のDeath Railwayをクリック

ここではパールハーバーより肩身の狭い気がした。。。。

戦争の為とは言え、タイ人を始めアジア・オーストラリア・イギリス・オランダもちろんアメリカ各軍の戦争捕虜達を労働者とし、建設されていった
もともと生活環境・衛生環境も悪い中、日本軍により工事のペースが一気に早められ、捕虜達は夜寝ることもなく労働を強いられ、コレラや栄養不足で弱った捕虜達には増して何も与えられず、何千という命が失われたとか・・・・

博物館の前には、身元の記録も無いまま労働を強いられ、命を落とした兵士達が眠る共同墓地がある

そこからさらにバスで20分
見覚えのある橋が見えてきた 
こんな所にも落書きが・・・すごく寂しい気がしたなぁ~ 

20061130154417.jpg 20061130154429.jpg 20061130154443.jpg

この橋のある一定の距離は未だに利用されていて
私たちも乗って来ました 

一般車両はツアーに含まれているのだが
指定席にするには別料金が掛かる・・・が、その方が良い  ってことでアップグレード

して良かったねェ~  電車は観光客と地元の人とで大賑わい

座った車両にはこんな看板が・・・・
「Foreigner]って、やっぱり地元の人はエキストラ払わないんだろうね
何処かで見かけたこのオヤジ・・・確か綺麗なニューハーフトとニヤケてませんでしたっけ 
走る電車の窓から見える路線
こんな崖っぷちでの建設なんて、、、今でも大変なのに、、、、
両手で拝みながら通過したくなっちゃいました 

20061130155601.jpg 20061130155539.jpg 20061130155552.jpg


戦争を垣間見たようなこのツアー

あぁ~いやだ・いやだ 

戦争なんてこの世から無くなればいいのに 

 ホテルに戻ってタクシーで空港まで行こうとしたら
 ホテルのドアマンが「メーターでは行きたがらないのですよ。。。」 と一台目は返して別のタクシーを呼んで話を纏めてくれた
 「大体幾らぐらいですか  」と聞くと
 「300バーツ位ですよ」
 「  」

ガイドブックに「高い目のリモジンタクシー1000バーツ」「メーターで360バーツ」と記載
その事を知っていながら  は到着日に
空港からホテルまでの片道に1000バーツを払ったよね 

空港に着くとドライバーが「往復の高速代を払ったから・・・モジモジ
 しゃ、また揉めてるのかと思って「幾らなの、メーターが250だから~80足して。。。。330だからチップ入れても380バーツね  」と言ったら
 「ハイ  」と400バーツを渡していた

それにしても安いや~ん
行きに払ったあの金額はなんやってんやぁ~ 

タイランドへの一歩から最後の最後までこのバーツには、振り回されっぱなし

でも、笑顔を絶やさずサービス精神旺盛なタイ人

今では笑える思い出となって

絶対にまた訪れたい国 

 5時間飛行機の旅を我慢して 

気温の差が母国ということもあってか
気を許したかなぁ~ 家に着くなりダウン 
風邪薬を飲んで一眠り。をしたら元気回復2時間後 

翌日は父の一周忌を済ませ
翌々日は兄夫婦に連れられて近くの伏見稲荷神社
まずは手を洗ってお清め 
商売の神社の為何千もの鳥居が所狭しと建てられていて
一番上まで歩いてきましたよ 
途中、小屋のひさしの上で寛ぐ猫ちゃん発見 
気持ち良さそうに  のクチュクチュを受けてました 
その後は竹林で有名な あだしの念仏寺

20061130163044.jpg 20061130163110.jpg 20061130163057.jpg


10月の末と言うのに汗ばむくらい良いお天気

母の良い話し相手の「コナ」
チビ君やブブ君は固まってしまったアロハシャツを着て
ポ~ズっ 

20061130163544.jpg


騙されありぃ~の
笑いありぃ~の
歴史振り返りありぃ~の
亡き父との再会ありぃ~の
母の止めどなく続く話の相手ありぃ~の色取り取りの旅

全てが楽しい思い出ばかり 

悲しいかなクレジットカードの返済が。。。。
現実に戻してくれました 

カテゴリ: 毎日

テーマ: ハワイ生活 - ジャンル: 海外情報

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2006/12/04 17:47 * edit *

本当ですね、あの時にすれ違ったあのv-361なぁ~んてね。
確かに書き切れないほどの出来事です。
タイランドは奥深い国ですね。必ず又行きたいです。その前にもっと良く情報集めをしてねv-408

URL | おくむりゃさんへ #y7eiGckU
2006/12/04 07:35 * edit *

今度はやばそうなv-509を反対に痛めつけに行ってみたいですv-411
コナはこのシャツを気に入ってくれましたよv-410

URL | Kazuさんへ #y7eiGckU
2006/12/04 07:33 * edit *

私のTBに対してコメント返信ありがとうございました。
10月18日から7日間ってことは、10月21日から1週間行ってた私とかぶってたんですね。どっかですれ違ってるかも。
>旅から戻って一ヶ月になろうと言うのにまだ、タイランドの話
私のブログも、というか1ヶ月書いて、まだ旅の半分すら...ワットポーもまだ。でもタイって面白くて、いっぱい書くことありますよねぇ(^^;

URL | おくむりゃ #vASB4.KM
2006/12/02 07:02 * edit *

あの有名な橋ってタイにあったんですね。
知らなかった・・・。
ヤバそうなv-509の多いみたいですがまた行ってみたいって事は
いい所なんですね。
「コナ」ちゃん、アロハシャツがお似合いです(^O^)

URL | Kazu #Jt3GTaps
2006/11/30 21:41 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kalaka.blog12.fc2.com/tb.php/301-ddef7343
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

戦場にかける橋

戦場にかける橋1957年12月18日1957年12月22日| 上映時間 = 161分| 製作国 = イギリスアメリカ合衆国| 言語 = 英語日本語| 制作費 = 300万$| 興行収入 = 2720万$| 前作 = | 次作 = 戦場にかける橋2/クワイ河からの生還|戦場にかける橋2| allcinema_id = 12

あやかの日記 | 2007/08/18 07:54

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。